勉強

宅建の資格を取れば将来安定した収入を得られる

試験に合格するために

積み木を持つ人

深追いは禁物

宅建の資格試験の範囲は非常に広く、全範囲を網羅しようとするのはそもそも無謀です。過去問をやっていると、必ず今まで勉強したことのない知識を問われる問題と出くわしますが、重要なのはどれだけそうした知識を詰め込めるかということではなく、その知識は試験合格のために必須なのかどうかを見極めることです。宅建の資格試験対策で有効なのは、ひたすら過去問を解いていくことですが、続けていくと、過去に必ず問われている分野と、それでない分野があることがわかります。極端な話、十年に一度くらいしか出てこない知識は、解けなくても合否に関係ありません。出題の確率が低い問題を理解するのに時間を割くのはなく、頻出の分野に重点を置き、出題されたら必ず得点できるようにすることが、合格への近道となります。

イメージを大切にする

最近の宅建の資格試験の特徴は、単に暗記するだけでは得点できない問題が多いという点です。これは、宅建士として求められているのが暗記力ではなく、むしろ土地や建物の知識を応用する力だということです。そのため、勉強の際にはイメージで覚えることが重要になります。たとえば、都市計画法における用途地域は、全部で12種類ありますが、テキストの言葉を覚えるのではなく、それぞれの用途地域がどんな場所なのかをイメージすることで、自然と正しい答えを導き出すことができるようになります。また、比較して覚えるのも有効です。たとえば、宅建業法における宅建業者と宅建士、あるいは営業保証金と保証協会など、資格試験では何かを比較した上での問題がよく出ます。両者の違いを効率よく覚えることも得点アップにつながります。

婦人

口と耳のリハビリ専門家

言語聴覚士は失語症や吃音、聴覚障害など、口や耳の機能に障害を持つ人たちのリハビリテーションや生活上のアドバイスなどを行う職種です。指定された養成学校で学び、国家試験に合格すると資格が得られます。医療・介護・福祉など多方面で活躍できます。

児童と婦人

免許とスキルを同時に習得

幼稚園教諭は短大でも取得できますが、大学では1種免許が取得でき、管理職を目指せます。また、保育士を同時取得すれば、幼保一体施設への就職が有利になります。また、幼稚園の現場では、さまざまなスキルが求められますから、学生時代に自慢できるスキルを身につけておくと、自分らしく働きやすくなります。

男女

MOSを取得しよう

MOSというマイクロソフトの資格を取得することで、自分自身のスキルを高め自分自身をマネジメントしていきます。今後の社会に必要不可欠な資格であると思われます。WordとExcelの両方を取得することをお勧めいたします。