婦人

宅建の資格を取れば将来安定した収入を得られる

口と耳のリハビリ専門家

婦人

心のケアにも関わる

話す・聞くといった音声言語は、人間社会におけるコミュニケーションの基本をなすものです。しかし、人によっては加齢によって、あるいは脳の疾患などによってこうした機能に故障が生じることがあります。言語聴覚士は、発音や聴音に関する機能障害の回復に係る訓練や生活上のアドバイスなどを業とする専門職です。厚生労働省認定の国家資格として、1997年に制定されました。言語聴覚士による訓練の対象となるのは、失語症・吃音・音声障害・聴覚障害などです。先天的な要因による言語機能の発達遅滞や、嚥下障害なども対象に含まれます。こうした障害には、心理的な要因が関わることもあります。そのため職務に当たっては、患者の心のケアにも気をつける必要があります。

医療以外の現場でも活躍

言語聴覚士は制度が始まってからの歴史が比較的浅く、有資格者の数もそれほど多くないことから、就職市場においては高い人気があります。主な就職先は医療機関の耳鼻科・口腔外科・リハビリテーション科などですが、最近では介護施設からの求人も増えています。また、発達障害の児童をケアするために児童養護施設や養護学校などで活躍する人もいます。言語聴覚士の資格は国または都道府県が指定する養成学校で必要な単位を修め、国家試験に合格することで得られます。養成学校には大学・短大・専門学校があり、学習期間は3年(大学及び4年制専門学校は4年)となっています。なお、養成学校以外の大学を卒業した者にあっては、2年以上学習すればよいとされています。